もくもくこまこま。



こんばんは。

更新ぐせがついてきた
どうもkunkuです。

今日は、
行きの車で流していたラジオは
思い出の卒業ソングの話題で盛り上がり、
流しっぱなしのテレビでは
カウントダウンTVで卒業ソング特集をやっていたので、
私の中の思いでソングも
思い出してみようと努めてみました。

が、
思い出せません。

高校の卒業式、何歌ったんだろう。

思い出せません。

中学校の頃は、
たぶん

『白い光のな~かに~』

だったと思います。

体育館の床に敷き詰められた
パイプ椅子を置くときに床を気付けないようにする
厚手のビニールの
緑色した敷物の上に
流した涙が
水玉模様になっていたことだけは
鮮明に覚えています。

きっと、そんな有様だったから

『白い光のな~かに~』

を本当に歌っていたとしても

『じろいひかりのだ~がでぃ~』

みたいに
なっちゃっていたと思います。

足元に出来た水玉模様を
上履きで擦って消そうとしたことも
鮮明に覚えています。

『じろいひかり』

だったとしても
私の中では淡い思い出です。

中学校の頃に大好きだった彼と
(昨日も登場しましたが)
遠距離恋愛になちゃうと思ったら
寂しくて泣けました。

毎日毎日
雨の日も
風の日も
寒い日も
自転車が無い日も
一緒に帰った大好きな彼。

手紙交換をして
電話もして
授業中こっそり手をつないだ
大好きな彼。

彼のお日様みたいな匂いも
少し茶色い髪も、目も
笑うと顔がくしゃくしゃになっちゃうところも
なにもかも
大好きだった彼。

と遠距離になっちゃうなんて
寂しくて、悲しくて仕方がありませんでした。


そうして
できた大粒の水玉模様を
上履きで擦って消そうとしても
遠距離への不安は拭えなかったのは
覚えています。



とはいえ、
今思うと
高校が別々になっちゃうだけで
なんにも遠距離なんかじゃなかったわけですが、
当時は本当に
いろんな不安でぐるんぐるんでした。


白い光の話題からだいぶそれてしまいましたが、
(正式な曲名思い出せない。笑)
そして、私自身、卒業式どころか、一度も歌ったことはありませんが、
贈る言葉は、お気に入りです。

お気に入りなので、ギターで弾きながら歌えます。
(おそらく)

ですが、
やっぱりそこはプロの方が数倍も
何十倍も、いや、何百倍も何千倍もいいものです。

姉に絶賛されてみたPVですが。

とっても
よかったので紹介します。


贈る言葉/大橋トリオ






そして、
私の大好きなsuzumokuがPE'Zと楽しそうにやっているこのPVもお気に入りついでに
(ついでは失礼ですね)
紹介させてもらいます。













卒業を迎えられたみなさま。
ご卒業おめでとうございます。

これからあなたが切り開いていく未来は
きっと楽しくて、楽しくて
素晴らしいものですよ。

たくさん耕して、肥やして
いっぱい種まいて。
いろーんなものを見て
いろーんな経験して
いろーんな人と出会って
いろんなことを考えて
いろんなことに悩んで
いろんなところに飛び込んで
いろんなことを味わってください。

楽しみにしています。

りっぱに花開くときを。


卒業、おめでとう。
[PR]

by kunku_23 | 2011-03-06 01:46 | 日記