ルソーの夢を追えなかった日。。。




天気予報を裏切って
絶好の行楽日和となりました。


初めて行った世田谷美術館は
ルソーの見た夢を追おうとしていたのか
ルソーに夢を見ようとしていたのか
沢山の方々でごったがえしておりました。

私が追えたものは
ルソーの見たであろう夢でもなく
ルソーに見られる夢でもありませんでした。

知識の浅い自分がいるという現実と
久しぶりの再会に、初めてのデェトという状況に
手に留まらず背中にも滴るほどの汗を
感じざるを得ないという現実という
受け入れ難いシチュエーションの板ばさみ攻撃に
追われてしまってなりませんでした。

あれ。
文章が
おかしいぞ。

(↑イッコクドウ風にw)



美術を語れる人は
カッコイイと素直に思います。
(いゃ。
 勿論ヒトにも
 内容にもよりますけれども。)

なにせ私は
学習意欲が薄い上に
記憶力も無いですからね
博識な方には
有無を言わさず
頭が上がらない節があります。


カッコイイと思わせてくれる方々は
身近なトコロから
はるか遠いトコロまで
大勢いらっしゃいます。

ケレドモネ!

いいんですよ!

コレばかりは
わたしゃ~ね~!

don't think feel!



ブルースリーの精神を
貫かされていただきます。



あ。

巷では

静かに迎え入れられようとしているものがあるのを
ごぞんじでしたか?


そぅ。
何をかくそう

『あたしゃ~ね~!!』



『あ~たね~!!』

です。

発声のポイントはですね。
とにかく
チカラ強く。
されど
唾をとばさぬように気をつけて。

です。

詳しいことは
増田岡田の
岡田に聞いてください。



そんなことより
世田谷美術館の周囲を囲んだ公園は
イイですね。

日曜の休日

絵に描いたように演じられている感じでした。

キャッチボールに
フリスビー。
犬の散歩に
ピクニック。
寒桜の下でお弁当を開いて
一家団欒
ほのぼの日和。

そんな絵の一角に
ルソーの話だとか
ベトナムの話だとか
昔の恋や
今の恋の話だとか
社会人になるということの話だとか
久しぶりの再会に
桜の花よりも
見事に花を咲かせた
私たちがいました。

美術館からは
バスに乗る予定でしたが
あまりに天気がよかったので
歩いて見ました。

歩いてみて
なかなか駅が近づかないことに気がついたので
バスを待ちました。

バスに乗って
電車に乗って。

新宿へ行きました。

私。
新宿はどうも恐れ多いです。

渋谷は大丈夫。
原宿も大丈夫。
バイトに学連のおかげさま。

ケレドモだめだね
新宿は。

どうも人の波を乗りこなせません。

新宿でもう一人のオトモダチの合流を待ちました。

いよいよ
チーム九十九里 in JAPAN
の勢揃いです。

もつを食べて
お酒を飲んで。
ゲームセンターに行って。
カラオケに行って。
スタバに行って。
道端に座って。

とても楽しいトキを過ごしました。

道端に座って
大きな声で笑い合う姿は
スッカリ新宿に馴染みこんでいました。


新宿には
様々な人があるまるように
新宿には
様々な電車も集まります。


新宿という
ヒトツの駅で

バラバラの電車に乗り込み
バラバラの線路をなぞって
バラバラの家路をたどりました。


明日から始まる
すっかり異なる
バラバラな時間を


ドコカ
つながる
ナニカを胸に


一生懸命
味わって過ごすのです。


次に会ったトキに
何件はしごしても
尽きない話題を
拵えるためにも。


なかなか会えなくても
手は抜けません。



また
会いましょう。
[PR]

by kunku_23 | 2006-10-29 00:00 | 日記