たこ焼きとあんこ焼きと。。。



犬の一日。



そんな小説を書ける力量は持ち合わせていませんが。


そんな小説はどぅだろうっていう
柔らかい発想力を持ったヒト。
素敵でした。

素敵なコトには
出会ったときから気がついていましたが。

一層
魅了されてしまいました。



ゼミの集まりに行かなかったことに
罪悪感を抱かなかったわけはありません
決して。


ケレドモ
集まりに行くよりも
なんだか
得られるモノがあった。

そんな気がします。


考えたことのある
もやもやしたものが
紡ぎ出されたコトバ
ひとつひとつで
スッキリ
リフレッシュ。

そんな感じ。


重ねた月日の違いなのか
否か。

いや。

年の功とか
そういうものよりも
はるか
はるか
おっきいトコロ。

あの人柄や
あのオーラ。

そういったものものから発せられる
特殊な説得力だとか
刺激ダトカ。

そんな感じ。



受けた刺激と
リフレッシュされた爽快な心。
それに加えて
淡いトキメキを引っさげて

張り切る部活に
燃える筋トレ。


部活を終えて
家路を急いで。


若干広さに欠けるテーブルの上で
てんやわんやに
タコヤキを焼きました。


4年生で集まったのは
本当に久しぶりのコトだったと思います。

4年間の集大成を迎えようとしているコノ時期に
みんなで久しぶりに集まって
歌って
騒いで。
笑って
食べて
お腹を抱えて。


トッテモ楽しく過ごすことができました。


爆弾焼きを食べたのは
間違いなく私で。

何個かあった爆弾を
何度も口にしたことは
疑う余地がないので。

きっと
私が全て
爆弾処理をしたものだと思います。

なんだか
口の中で
胃の中の味を味わってしまった心持ちでした。


ケレドモ
楽しかったので。
よしとします。


改札まで見送りに行くと
いつまで見届けてあげればいいのか
迷います。

大学生活において
家族よりも。
恋人よりも。
他のどんな友達よりも
長い時間を
一緒にすごし
数え切れないほどの思い出を作ってきたナカマ。

そんなナカマであっても
別れ際は
なんだか
照れくさくって。

振り続けた手の処理と
手を振りながら抱いた感情の処理に
困惑してしまいます。



大学生活において。
本分は勉強。w
基盤は部活。
でやってきました。

何度も取り除きたいと思った
部活動という名に拘束された時間。


ケレドモ
やっぱり
部活動をやっていない自分は
部活動をやっている自分よりも
なんだか頼りない気がします。

嫌よ
嫌よも
好きのうち。



幾度と無く
嫌気がさしたことはありました。


ケレドモ
ヤッパリ
スキ
ナンダト
思います。


なんだかんだいって。


最後は
泣いちゃう気がしてきました。


火曜日は
部活があって嫌いだったケレドモ。

火曜日を好きな理由は
トキメキを味わえる上に。
部活動が
待っているからかも
しれません。
[PR]

by kunku_23 | 2006-10-31 00:00 | 日記